TURN INTO A BLUFF

Posted by / Blogs, Strategy

bluff今回は TURN INTO A BLUFF について考えて行きたいと思います。
TURN INTO A BLUFF とはショウダウンバリューが十分にないメイドハンドをブラフに変えることです。
それでは見ていきましょう。

◆TURN INTO A BLUFF◆

相手からのベットに対してアクションを考える場合、自分のハンドやポットオッズ、相手のバリューレンジやブラフレンジ、さらに相手の傾向や相手とのヒストリーを総合的に考慮する必要があります。
メイドハンドを持っていてショウダウンバリューがある場合には、基本的にコールするかフォールドするかを考えることになります。

そしてその時にショウダウンバリューが足りないと思えばフォールドを選択することになります。
つまり相手のベットをコールするよりもフォールドした方が期待値が高いプレイであると判断したということです。
ですがその場合、ショウダウンバリューをブラフに変えレイズすることが、フォールドするよりも期待値が高いプレイになることがあります。
それがTURN INTO A BLUFFという考え方になります。

◆TURN INTO A BLUFFのポイント◆

ここではTURN INTO A BLUFFのポイントをいくつか紹介していきます。

●効果的なブロッカーを持っている
相手のバリューベットレンジ、特にその中でも2ペア+等の強いレンジをブロックする効果的なブロッカーを持っていることで、ブラフレイズの成功率を上げることができます。
ペア系のカードを持っていれば相手の2ペアやセット等のハンドをブロックできますし、ストレートやフラッシュに関係するカードを持っていればそのようなハンドを相手が持っている可能性が減少します。

●バランシング
例えばリバーのチェックレイズレンジがブラフしかない場合、相手は簡単にアジャストすることができます。
ですのでリバーのチェックレンジの中にチェックコールやチェックレイズをする強いハンドを組み込み、バリューとブラフのレンジをミックスしてバランスを取ることが大切です。

●相手の傾向
相手の傾向も大切なポイントの一つです。
シンバリューベットをしてくるような相手の場合、相手のバリューベットレンジは広くなるのでその分弱くなります。
その結果ブラフレイズの成功率も上昇することになります。

それでは一つの例を見てみましょう。

◇例 6MAXキャッシュゲーム  UTGからのオープンレイズに対してBBで :qd: :10c: を持ちコールでHU

○フロップは :10s: :6h: :4d: でBBのチェックに対してUTGがCBをしてコール

○ターンは :9d: でチェックチェック

○リバーは :jd: でBBのチェックに対してUTGがハーフサイズのベット

UTGのリバーベットに対してBBはどうすべきでしょうか。
一見セカンドペアとグッドキッカーを持っているBBはコールできるショウダウンバリューがあるように見えます。
ですがもしUTGのバリューベットレンジがTのペア以上だとすると、QTのチョップを除いて全てのハンドに負けています。
そしてリバーのJはUTGにとってブラフをしやすいカードとは言えない為、ブラフレンジも多くはなさそうです。
ですのでUTGのブラフレンジにもよりますが、ほとんどの場合ここでのコールは期待値の低いプレイだと言えます。

それではブラフチェックレイズについて考えてみましょう。
まずはUTGのバリューベットレンジです。
UTGがもしセットやターンのストレートを持っていた場合、ターンもベットしている可能性が高く、リバーで完成するKQのストレートやバックドアフラッシュの場合もターンでセミブラフしている可能性が高そうです。
そのように考えると、リバーのUTGのバリューベットレンジには、リバーでヒットしたJのペアや、ターンでポットコントロールしたオーバーペアやキッカーの良いT等の1ペアハンドが多く含まれている可能性が高くなります。

そしてBBは :qd: :10c: を持っている為、UTGのレンジの中のセット、ストレート、バックドアフラッシュをそれぞれブロックしています。
つまりUTGの強いバリューベットレンジをブロックしていることによって、UTGの弱いバリューベットレンジの比率が高くなります。
そしてそのような弱いレンジでリバーのチェックレイズをコールすることは難しい為、ここでのチェックレイズブラフは効果的であると言えます。

ここで注意することは、リバーのチェックレンジに2ペア+のような強いハンドを組み込んでおくということです。
そのような強いレンジのいくつかをリバーバリューベット、いくつかをチェックレイズというようにミックスしてバランスを取ることが大切です。