Non-showdown winnings を上げるには

Posted by / News

nonshowdownホールデムマネージャーやポーカートラッカーなどのトラッキングソフトを使うと、実収支やEV(期待値)収支の他にShowdown winnings(SW)と Non-showdown winnings (NSW)を見ることができます。
SW(青線)はショウダウンした時の収支、NSW(赤線)はショウダウンしなかった時の収支のことです。
10NL以下のステークスでは、SWが上がり、NSWが下がっているグラフが理想的と言えます。
理由としては、10NL以下のステークスにはコーリングステーション(コールしすぎで降りないプレイヤー)が多く、それらのプレイヤーに対して最大限のバリューを取ることがとても利益的なプレイになるからです。

ですが25NL以上のステークスになるとプレイヤーの質が上がり、大きなバリューを狙っているだけでは勝てなくなってきます。
ですので25NL以上のステークスで戦っていくには、NSWをマイクロステークスの時よりもプラスにしていくことが重要になっていきます。
少なくともNSWを平行(±0)付近まで上げる必要があります。
今回はNSWをマイナスにしない為にはどのようなことに気を付けてプレイすべきなのかについて考えていきたいと思います。

●ブラインドスティールを増やす
ブラインドスティールはNSWを上げるにはとても大切な戦略です。
ですがブラインドスティールを増やすといっても、極端に増やし過ぎるとすぐにアジャストされてしまいコールや3ベットで対応されてしまいます。
ですのでブラインドのプレイヤーのプレイスタイルを見極めることが大切です。
一つの基準としては、30~40%ぐらいのスティール率を目安にして下さい。

●インポジションでのプレイを増やす
ポーカーにおいてポジションはすごく重要です。
ポジションがあればブラフもしやすく、そしてその成功率も高くなります。
ですのでアーリーポジションやブラインドでのプレイを減らし、BTNやそれに近い有利なポジションでのプレイを増やすことが大切です。

●フロートを増やす
ポーカーの戦術で使われるフロートととは、ポストフロップでアグレッションがあるプレイヤーに対してハンドエクイティがない、もしくはボトムヒットやガットショットやバックドアドローのようなハンドエクイティが低い状態でコールすることで、後のストリートでブラフすることを念頭に置いた戦術です。
フロートはポジションがあると格段にプレイしやすくなる為、基本的にはポジションがある場合の戦術になります。

ポーカーにおいてフロップでフィットする確率は1/3ほどです。
フロップをフィットorフォールドするだけでは、相手のCBに対して2/3の確率で降りてしまうことになります。
ですが相手もフロップでフィットする確率は同じ1/3な為、相手のCBに対してフィットorフォールドでプレイすると多くのエクイティを捨てていることになります。
フロートはインポジションでより効果を発揮する戦術です。
ですので前述した、インポジションでのプレイを増やす戦術と併用することでより効果的な戦術になります。
フロート戦術についてさらに詳しく知りたい方は、フロート戦術についてを参照して下さい。

●セミブラフを増やす
ドローをアグレッシブにプレイすることでフォールドエクイティを狙いにいくことは、NSWを上げる大切なポイントです。
特にポジションがある場合に、ストレートドローやフラッシュドローでフロップのCBにレイズすることでその場でポットを獲得できる可能性もありますし、例えフロップをコールされたとしても多くの場合安くリバーまで見ることができます。
ですがそれらのドローの全てをレイズに回すのはいい戦術とは言えません。
相手のCB率なのど考慮して、レイズとコールをミックスしこちらのハンドをできるだけ分かりにくくしましょう。

●ダブルバレルを増やす
ダブルバレルをすることで、フロップをフロートしていた相手を振り落とすことができます。
これは特にCBコール率が高い相手に対して有効です。
ターンでもフロートをするような相手にはトリプルバレルも有効な戦略になりますが、これはポットも大きくなりリスクも増える為より慎重に相手を見極める必要があります。
特にWTSD(ショウダウンする確率)が大切になってきます。

NSWを上げるということは、簡単に言えばベットやレイズを増やしアグレッションを上げるということです。
ですがアグレッションを上げすぎてしまってはそれもまた一つのリークになってしまいます。
ですのでアグレッションを上げるポイントを考え見極めることが大切です。