PTJP

medttkのブログ

Home Page フォーラム Community ブログ medttkのブログ

このトピックには22件の返信が含まれ、4人の投稿者がいます。6 年、 7 ヶ月前 medttk さんが最後の更新を行いました。

15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全23件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #3502

    medttk
    メンバー

    みなさん、はじめまして。
    medttkといいます。
    PTJPに参加していて、なんだかフォーラムが盛り上がってないのは寂しいなぁと感じたので、ブログを書いてみようと思い立ちこれを書いています。

    まずは自己紹介を。
    pokerstarsでもmedttkというIDでプレイしています。
    平日は50NLzoomや3x,2xターボサテライト、週末はローレートのMTTを打っていることが多いです。
    目標は、zoomでは最高レートまで登りつめること、MTTではTCOOP,SCOOP,WCOOPなどの大きなタイトルを取ること・・・ちょっと大きすぎますかね?笑

    PTJPに参加したきっかけは、
    一ノ瀬さん、大山さん、ビーティー・ケルビンさんのような有名な人のビデオが見られるなんて!
    という考えからです(ミーハーなんです笑)
    PTJPのビデオからは得るものが多く、時間を作ってはビデオを見る日々です。

    このブログでは、自分の気になったハンドを載せてみたり、ビデオの感想を書いてみたり、あとなんだろう・・・とりあえず思いついたことがあれば書きます。

    えーと、ブログってこんな感じでしょうか、書いたことないのでわからないのですが・・・笑

    なにかありましたらコメントをください!

    今日は、今から少し眠って、起きたらTCOOPにでようかな・・・

    では!

    #3553

    ab_de
    メンバー

    medttkさんこんにちはab_deです。

    私もこちらのサイトがあまり盛り上がっていないのはもったいないと思います。
    ぜひ私とポカ友になっていただけないでしょうか?(^◇^)
    よろしくお願いします。

    #3558

    medttk
    メンバー

    昨日のセッションではAKとAQが合計4回AAに刺さりました。
    TCOOPの高いバイインのMTTでそういうことが続くと悲しくなりますね。
    4回目には、「お前らAAブロックしろよ!!!」と意味不明な独り言を叫んでいました。笑

    とまぁそんなこともありましたが、下手なプレーもたくさんしてしまいました。
    その一例がこれ。
    http://www.boomplayer.com/poker-hands/Boom/12713573_2A205FB8A6
    BBはアンノウンですがプリフロップは割とアグレッシブにプレーしている印象でした。
    プリフロップの相手の3betはおそらくかなり広い(15%くらい?)と読んでコール。
    フロップは相手のレンジに大きく当たっていない、しかも相手のCBはフロップでミスしてるレンジも多く含まれていそうです。
    ここで自分は、レイズすればAハイとかKハイは降ろせそうだと考えてAI。
    ところが、相手にAハイでコールされてしまいます。

    ここで相手から見た自分のレンジを考えてみると、QQ以下のポケットペアは、大体プリフロップで4betしていそう。
    なので自分のレンジにはあまりペア系はありません。
    さらに、フロップでのボードは自分の3betコールレンジに全然当たっていそうにないです(A9s,A8sくらいでしょうか)
    しかもA9sやA8sはたぶんフロップレイズしそうにないし、プリフロップでスロープレイしている可能性のあるQQ+もフロップでレイズするかは微妙。
    つまり、相手からすると、「こいつの取ったラインにはワンペア以上はほとんどなさそう!コールだ!」となるわけです。

    普段自分が打っているローレートのMTTなら降ろせたかもしれませんが、このくらいのレートになると相手のレベルシンキングも一段高くなることが分かって勉強になりました。
    自分がとるべきラインは、プリフロップで12BBくらいにライト4betするか、フロップでコールしてターンでチェックに対してベットとかがよかったのかな?と思います。
    フロップでいきなりAIもまずかったかもしれないですね。

    MTTって、おもしろいけど難しいんだよなぁ・・・

    ab_deさん
    はじめまして!
    ポカ友よろしくお願いします。
    一緒にフォーラムを盛り上げていきましょう!

    #3565

    Kosei
    世話役

    medttkさん、こんにちは。
    ブログ立ち上げおめでとうございます!そして一緒に盛り上げようという気持ち凄く有難く思います。
    目標は明確に。100%の目標に1%でも多く近づけるよう努力すること。気味になる作業が多くなるかもですがいつか色んな形で実るので続けていきましょう。
    当サイトのビデオの質には絶対の自信があります。視聴者の感想が聞けて勉強になります。これからも気になる点等ブログ・フォーラム・コメント欄に一筆お願い出来たら幸いです。
    ブログでは他に日/週/月の収支・結果やプライベートのことはもちろん、国内・海外ライブポーカーのことなども皆さん興味が沸くかもですね!

    ハンドヒストリー見させて頂きました。
    相手の3betレンジが広いと想定しての動きは見受けられるのですが、相手から見れば何をレプリゼントしているかがブラフで最も大事なことを忘れてしまっている動きですね。
    15%のハンドレンジと想定していればT9xのボードに多くのハンドがマッチしていて、オールインのような大味なプレイに対してコールできるハンドレンジが多く予想されます。
    こういったボードであまりイフェクティブスタックがポットに対してない場合素直にプレイしたほうが良いでしょう。
    幸い今回はCB額が少ないのでフロートというチョイスが追加出来るシチュエーションです。レプリゼント出来るハンドがコールをしたほうが強そうに見えることからコール/フォールドがフロップではベストだったと考えます。
    相手のレベルが上がると持っていない(ペアやドロー)から降りる/諦めるシチュエーションは減っていきますね。
    ハンドリーディングが出来ているのですから後は自分がどう映っているか考えられればブラフの成功率が上がるはずです!

    ポカ友として宜しくお願いします :bye:

    #3716

    medttk
    メンバー

    最近、プライベートが忙しくてなかなかビデオが見られません :cry:
    セッションは時間を作ってやっているのですが、これもなかなか結果が出ず・・・。
    ダウンスイングかもと言い訳するのは簡単ですが、もっと自分のプレイの改善に時間をさかないといけないです。

    今日は50NLzoomの成績を張りたいと思います。
    負け越しなのでたいへん恥ずかしいのですが・・・。
    http://gyazo.com/eefcc377a9eaa37be4c8142b367a0bb9
    目につくのは赤線(ノンショウダウン)のだだ下がりっぷり。
    つまり相手のベットに降りすぎ、あるいは相手を降ろせなさすぎ、ということです。
    アグレッションは2.5くらいあるので、ブラフを含めたベット・レイズはそこそこ打っているつもりなのですが、ブラフを打つスポットの見極めがかなり甘い、ということになるでしょうか。
    相手のレンジ、相手から見た自分のレンジ、お互いのレンジとボードの絡み具合、しっかり考えながら打つ必要があると思います。
    あと、3betが7.4%ほどなので、この数値が低すぎることも関係するかも。
    ほかに何か原因あるかな・・・

    お互いのレンジとボードの絡み具合は、ちょうど今月のコンビナトリックスのビデオでより理解を深めることができていると思います。
    まだパート2までしか見れてないけど・・・。
    正確に考えられるようになるまで、エクイラボでひたすら学習します。

    一ノ瀬さん
    コメントありがとうございます。
    フォーラムが盛り上がることは自分にとってもすごく価値があることなので、できる限り協力します!

    ハンドレビュー、たいへん参考になります。
    ブラフは自分のハンドレンジに強いメイドハンドがあるときに打つ、基本の基本ですが、そんなこともできていないのだと痛感しました。
    肝に銘じて、プレイを改善していきます。

    これからよろしくお願いします! :good:

    #4213

    medttk
    メンバー

    TCOOP終わりましたね!
    私はITMは一つだけでそれもあまり大きい賞金ではなかったのでまったく満足できない結果でした。
    しかし去年のTCOOPのときは、BRがとても少なくてTCOOPのなかでも一番安いバイインのトーナメントにしか参加できませんでしたから、今年は多くのトーナメントに出れたことがすごく楽しかったです(BR的にかなり無茶をしましたが・・・笑)。
    今回のTCOOPはこれからポーカーを上手くなるうえでいいモチベーションになりました。
    次の大きなイベントは、SCOOPが5月にありますね。
    それまでに少しでも上手くなっていられるように、頑張って勉強したいと思います。

    #4295

    Kosei
    世話役

    medttkさん、
    私なりにグラフから推測すると、
    0~10000強ハンドは赤線(ノンショーダウン)からブラフはし過ぎなくらい出来ているのですが、大きなポットでのショーダウンで大きく落としているので全体的な収支はマイナスになっていてオールインEVは0を指しているように見えます。なので改善点とすれば諦めるのをハンドを多くしてターン・リバーはなるべく見切りをつける。下ろせないハンドにブラフをしていることが多かったかもしれません。
    10000~30000ハンドはEV的には上振れているというわけではなく、良いハンドが比較的多く入っていてショーダウンでしっかりバリューが取れていることから収支が大きくプラスに伸びたように見受けられます。
    30000~ハンドは青線(ショーダウン}が落ち着いているのでハンドの強弱は平均なようです。EVが下降していることから少し下振れています。
    全体的なEVは平凡な感じです。ハンドの良し悪しはセッションによってあったかもしれませんが、このなかのサンプルでは運の要素は余り収支に関係なさそうですね。
    最も気になる点として10000ハンド以降の赤線ですね。赤線を0以上にすることは不可能に近いかと思いますので、下がっていることには差ほど気にされなくてもいいでしょう。ただハンドの良し悪しに関係なく同じ分だけ下降しているのを見ると、ハンドに関係なくポストフロップで諦めていることが多いのかと推測されます。相手のハンドレンジは自身のハンドのブレよりも平均化されていることから自身のハンドを強弱に関係なく諦めていると推測できます。このことから、前回と同じコメントになってしまいますが、相手のレンジを予測したプレイが出来ていないことが少なくともありそうですね。レイクバックを含めての収支なら50000ハンド以上のサンプルで7,8バイインのマイナス程度ということになりそうですよね?一つの大きな修正点がはっきりしている分収支を0に持っていく材料は手元にありそうですね。あとはその後の修正点を見つけ修正出来た分だけ利益に回っていきます。難しい課題ですが、めげずに修正していきましょう!
    今回のTCOOPは自分も良いところがあまりないシーズンになりました。次回のSCOOPまでにまた鍛錬したいと考えています!

    #4440

    medttk
    メンバー

    最近、タイミングテルやベットサイズテルについて少し考えています。
    以前はあまり気にしていなかったのですが、打っているとタイミングやサイズに違和感を感じることがときどきあります。
    タイミングテルでいえば、ポストフロップでの素早いレイズは、ナッツに近いハンドやAAが多い気がします。ドローがあるボードではドローも多いです。
    ベットサイズテルは、細かく刻むようなリレイズはやはりナッツに近いものが多い気がします。
    http://www.boomplayer.com/en/poker-hands/Boom/12883015_4D33BCA893
    これは相手がアンノウンで、たぶんオーバーペアだろうなぁと思ってフォールドしたのですが、どうでしょうか・・・
    明らかにそういうテルが出てる相手は、ショーダウンまで行ければメモを取るようにしようと思います。
    でもzoomはともかくMTTだと、メモを取っても再度同卓することはなかなかないんですけどね・・・

    一ノ瀬さん
    コメントありがとうございます!
    自分の課題は相手のレンジを考える力を鍛えることですね。
    思い返すと、プレイしている最中は相手のレンジの中のバリューレンジばかりが思い浮かぶ癖がある気がするので、それが赤線の原因かもしれません。
    ブラフレンジって、セミブラフとかリバーのドローすべりのハンドなら浮かびやすいんですが、ピュアブラフのハンドというのが予想しづらいと感じます。
    相手のアグレッションや相手から見える自分のレンジを考えて、ブラフレンジをより正確に予想できるように頑張ります!

    #4684

    medttk
    メンバー

    2月の大山さんと一ノ瀬さんのビデオを見たので感想を書こうと思います。

    大山さんのビデオはzoomでの戦略ということで、一本目は各ポジションにおけるプリフロップでのオープンレンジや3betレンジ、3betコールレンジなどの考え方の説明。
    二本目は100NLzoomのセッションを見せながら、各状況における大山さんの思考プロセスを説明していくという内容でした。
    一本目に関して、説明されているレンジ構成はおそらく標準~ややタイトで、zoomを打ったことがない方はマネをすればレギュラー相手にプリフロップでカモにされることはないだろうと思います。
    普段からzoomを打っている方は、自分のレンジ構成が標準からどれだけずれているか見直すいい機会だと思います。
    自分の場合、どのポジションからもだいぶルーズなレンジでオープンしていて、相手の3betに対するフォールド率が高くなりがちだったかもしれないという反省点が見つかりました。
    2本目に関して、プリフロップはほとんど1本目で説明されたとおりに打つので、主にポストフロッププレイの解説ということになります。
    各ストリートにおけるアクションから大山さんがどのように相手のレンジをリーディングしているのかを見られるのはめちゃくちゃ勉強になります。
    自分がその状況でどんなリーディングをするのかというのを考え、大山さんのリーディングと比べると自分のレンジ推定のアラが見つかります。
    あと、フィッシュに対するアイソレートもとても勉強になると思います。
    ポーカーはフィッシュから得る利益が大きな割合を占めるので、フィッシュに対するアイソレートは大切な技術です。
    具体的なハンドの内容とかは有料のビデオなのでたぶん書かないほうがいいのかな?
    ちょっとわからないので書くことは控えます。
    偉そうなことはかけないですが、注意点としてはこのビデオはエフェクティブスタックが100bbを想定している場面が多いと思うので、自分がショートで入る場合や自分もディープで相手もディープな場合などには、戦略の修正が必要だと思います。
    よく言われることですが、ディープなシチュエーションではプリフロップでのOOPからの3betにはフォールドエクイティがないので控えるとか、ショートの場合はSPRが小さくなるので、それに合わせたレンジを考える必要があるとか、そのようなことに気を付けてください。

    見返してみると当たり障りのないことしかかけてないな笑
    でも、本当にいいビデオですよ!

    長くなったので一ノ瀬さんのビデオの感想はまた次回書きます。
    ビーティー・ケルビンさんのビデオはまだ見てないので、見たら書くと思います。

    では!

    #4768

    medttk
    メンバー

    一ノ瀬さんのビデオの感想書きます!

    まずビデオの概要ですが、big109でプレイしたハンドに関して一ノ瀬さんの思考プロセスを説明していくというビデオです。
    自分がその状況でどんな判断をするだろうか、その判断は一ノ瀬さんの判断とどう異なるのか、なぜ異なるのかを考えながら見進めていくと非常に勉強になります。
    私が一番勉強になったのは最終盤の、ファイナルテーブルでのプレイです。(もちろん序盤、中盤のプレイもすごく勉強になりますよ!)
    ファイナルテーブルって、そこまでいけることは少ないのに、そこでのプレイの質がもっとも賞金に大きな影響を及ぼします。
    しかも、バブルファクターも大きくなり、.プレイが難しくなります。
    ショートスタックでの戦略だったら、HRCで勉強できますが、そうではない状況を学ぶ方法はなかなか思いつきません。
    何度もMTTで優勝している一ノ瀬さんのファイナルテーブルでの思考プロセスを語るビデオは相当に貴重な教材だと思います。
    自分はチップリーダーでファイナルテーブルに進んでも、状況判断の甘さゆえになかなかアグレッシブなプレイが徹底できなかった経験があるのですが、そういうアグレッシブプレイを正しく行う上でとても参考になると思います。

    感想はこんな感じでしょうか。
    自分の文章力ではあまりうまく伝わってなさそうで、ちょっと不安ですが・・・。

    あと、この前blogで取り上げられていたtakumitさん、big162優勝ですか!
    ここ最近の成績がすごすぎです !

    MTT優勝したいよ~

    #4872

    medttk
    メンバー

    ティルトについて。

    自分はMTTをやっていると結構な頻度でティルトします。
    しかもティルトするとプレイが荒れます。
    なので、自分にとってティルトの問題は重大です。
    みなさんはどのようにティルト対策をしていますか?

    自分が最近意識していることは、「自分のコントロールできないところに関心を置かないこと」です。
    よく言われることですが、自分はこれがうまくできていないと感じています。
    たとえば、変なハンドでコールされてフロップでひかれてしまったとき。
    ここを切り抜ければITM/ファイナルテーブルといった場面で負けたとき。
    そのような状況になると、たとえ自分にミスがあろうがなかろうが関係なく、ひどく落胆し、同時に怒りが湧き上がって来るのを感じます。
    ですが、MTTをやっているとそのような状況はつきものです。
    なぜなら、ポーカーは確率に支配されるゲームだからです。
    どんなにいいハンドでも負けるときは負けるし、ゴミハンドで仕方なくオッズコールしたときでも勝つときは勝ちます。
    そして確率によって勝ったり負けたりすることはコントロールできないことです。
    そんなことは当たり前で、頭では当然分かっているはずなのですが、そういう状況に置かれるとやっぱりキレます。
    なぜこの場面で?なぜ自分が?という風に考えてしまいます。
    なので、自分は自らがそういう状態になっていると感じたら、「ひかれてしまったことは自分がコントロールできることではなかったし、気にしない。気にしなきゃいけないことは、まだ続いているトーナメントでベストなプレイをすることと、自分がしてきたプレイにミスがなかったかということ。」みたいなことをひたすら思い浮かべて落ちつくようにします。

    まぁ意識していても、なかなかティルトを抑えるのは難しいですけどね。笑

    今日のセッション中にティルトっぽくなったので、自戒の意味も込めて書いてみました。
    もし読んでくださっている方の中に、有効な「ティルトのおさえ方」を知っている方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください!

    #4941

    medttk
    メンバー

    MTT打ってて、よくわからないハンドがありました。
    http://www.boomplayer.com/poker-hands/Boom/13043673_87355B8B08
    フロップトップペア+フラドロでCB打たないっていうのは、どういう意図のプレイなのでしょうか?
    そもそも、リバーででかいフラッシュ主張(あるいは9もちのストレート主張)チェックレイズオールインですが、ここでフラッシュが出てくることってあるのでしょうか?
    まず相手のフロップチェックコールから、たぶんショウダウンバリューあるけど強くないハンドだと予想しました。
    つまり、8,4ヒットやT以下のポケットペアなど。(もしかしたらAハイ?)
    ターンはチェックで回ってリバーも相手がチェック、相手のレンジにはマージナルハンドしかなさそうだったので小さめのベットを打ったのですが・・・
    ボードの8や4はスペードだから8sxsとか4sxsみたいはハンドはあり得ないですし、トップペアやストドロ、フラドロならフロップCB打ってそうだし・・・
    セットのスローではオールインしてこないし・・・
    最終的に9もちのストレートかAsを持ってのブラフだと思ったのですが・・・う~ん。

    FPPで参加の(自分にしては)高額MTTのbigger109が、10ハンドも打たずに、このハンドで飛んでしまいました。
    気分がすごくモヤモヤしました。笑

    #4945

    Kosei
    世話役

    medttkさん、
    今月の自分のビデオの感想ありがとうございます。
    参加人数の多いトーナメントでオンラインのトーナメントでは大きいものでしたのでファイナルテーブルでかかるプレッシャーやバブルファクターは凄く高いものでしたね。
    こういったトーナメントでどのようなプレッシャーが相手にかかっているか、またシチュエーションによってかけることができるかが上位に入賞する大事な要素ですね。
    皆さんにも是非参考にしていただきたい!
    「ティルト」について
    誰にでも起こりえることです。私も深く残ったトーナメントで大事な局面で負けてしまうと気持ちがなえることは良くあります。
    ただ結構慣れでカバーできるところもあります。昔はひどくティルとしてしまいパソコンや壁を壊したこともあったくらいですが、そんなことはオンラインポーカーを始めて一年の内でした。
    期待してしまう分気持ちに変動が生じてしまいます。これはポーカーではよくないことです。出来るだけ平常心で最適なプレイを引き出すことが大事です。
    理解されていることかもしれません。しかし大事なことです。
    アドバイス出来ることとすれば、投資額を身の丈にあったものに合わせる。トーナメントで言えば参加額でキャッシュゲームで言えばステークスですね。
    投資額をコントロールすることである程度の気持ちの揺らぎをコントロールできます。
    勝ってもチップスを取られないように弱気になりにくいですし、負けても無茶に取り返そうという気持ちにもなりにくいと思います。
    どうしても耐えられないようなら、部屋にサンドバックなどを備えつけておくと凄くすっきりするでしょうw 一番効果的です!
    ハンドヒストリーについて
    仕方ないとしか言えませんね。相手のプレイはランダムで、プレイヤーによってはCBしますし、彼自身もCBすることもあるんじゃないかと思います。フロップはあまり参考にならない動きですね。リバーに関してはフロップの動きを見る限りスロープレイしているペア+フラッシュドローくらいにしか負けていません。(ほぼ一点読み・CBしている方が多そう)フラッシュドローのみならCBまたはチェックレイズしていておかしくないシチュエーションですし。
    ハンド的にはA9oなどのハンドが一番ありそうですね。
    コールせざるおえないですね。
    以上参考になれば幸いです! :bye:

     

    #5199

    medttk
    メンバー

    今、BAPさせていただいた大山さんのBig$109を見ながらブログを書いています。

    自分が参加していないテーブルはショウダウンに行った時以外ハンドは見えないですが、それでも勉強になるハンドが多いです。
    大山さんのboomにもあがっていましたが、AJoでのブラフキャッチとかはとても参考になりました。
    http://www.boomplayer.com/en/poker-hands/Boom/13119038_AE03B46AF3
    上のハンドですね。
    せっかくなので自分なりの考えをメモしておこうかと思います。
    プリフロップのオープンは標準的です。
    フロップは、3wayでBBやBtnのハンドレンジにも当たっていそうなボードですが、バックドアフラッシュドロー+ランナーランナーストレートドロー+ツーオーバーということでのCBでしょうか。
    Btnのコールは、ペア、ドローが濃さそう?
    セットやオーバーペア(ほぼないでしょうが)のスローも考えられます。
    ターンはラグでドローもつかず、ということでチェック。
    相手のチェックバックは、ドローがフリーカードをもらいにきているように見えます。あるいは、Tより下のペアも考えられるでしょうか。
    Tヒット以上はベットしている気がします、フリーカードを与える必要がないと思うので。
    ターン、Btnに打たれていたらチェックフォールドするんでしょうか?
    自分ならそういうラインをとりますが・・・。
    リバー、7が重なって7ヒットのコンボ数が減りました。(A7s,67s,78s)
    しかも、すべてのドローにはAハイで勝っています。
    なので、ここはチェック。
    相手にベットされますが、そもそもターンのチェックでBtnのレンジの強いところが薄くなっています。
    なので、ドローすべりに勝っている場合も多そうなのでコール。

    という感じでしょうか。

    ほかにもAAでリンプとか、いろいろ面白いプレイが見れています。
    人のプレイを考えながら見るのも勉強になりますね~!

    一ノ瀬さん
    コメントありがとうございます。
    そして返事が遅れてしまいすいません。

    一ノ瀬さんでもティルトすることってあったんですね・・・
    自分にとってステークスが高すぎる場所でプレイをしていないか、考えてからプレイしたいと思います。
    あとサンドバッグも検討しますw :good:
    やっぱりフォールドはできないですよね・・・
    一ノ瀬さんにそういってもらえると、間違ったプレイではなかったと気が楽になります。
    ただ、フロップでああいう動きをしてくる相手もいるというのは勉強になりました。

    にしてもBAP、お金をトランスファーするだけでお金が増えて返ってくるなんて簡単なお仕事だなぁ。笑

    #5291

    medttk
    メンバー

    $27PSKOでのハンドです。
    http://www.boomplayer.com/en/poker-hands/Boom/13138313_7181D4E6FB
    相手のデータは特にないのですが、タブレットマークがついていました。
    フロップの2xレイズは、フルハウス、トリップス、ストレートドロー、フラッシュドロー、8ヒット、99、ピュアブラフなどなんでもありそうです。
    ただ、ドロー系ならレイズにしても2xにはしない気もしますので、ドローは薄いかも?
    ターンのオーバーポットは、たぶんJトリップス以上。
    たまにピュアブラフ、フラッシュドローとかストレートドローが出てくることもあるかもしれません。
    打っている最中は、「ブラフとかセミブラフはありそうだし、Qのワンペアとかならオールインしてこないし、T2枚ブロックしてるし、タブレットだしコールだ!」とか思ったのですが、なかなかこのラインでブラフが出てくることってないですよね・・・

    こんなんやっちゃうからMTTでいいとこまで行けないんだよな~と猛省しています。

15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全23件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。