リンパー へのアイソレートについて

Posted by / Blogs, Strategy

limp今回は リンパー をアイソレートする際のポイントについてまとめていきたいと思います。

◆プレイヤータイプ◆

リンパーのプレイヤータイプは大きく二つに分けることができます。
ここではそれぞれの特徴を見ていきましょう。

●WT(ウィークタイトプレイヤー)
WTはスタッツで言うとVPIP11 PFR5のようなプレイヤーです。
標準的なスタッツと比べると、VPIP、PFRとも低くなります。
このようなプレイヤーのリンプレンジはスモールペアや弱いA、スーテッドコネクターや時にはAJ・AQのような強いAも考えられます。
ハンドレンジ自体が狭い為、ハンドレンジの予測は比較的しやすいです。
そしてポストフロップではフィットorフォールドのようなハンドに素直なプレイをする傾向にあります。

●WL(ウィークルースプレイヤー)
WLはスタッツで言うとVPIP32 PFR6のようなプレイヤーです。
こちらもWTと同様にPFRが低く、主導権を握るようなプレイヤーではありません。
VPIPはかなり高く、WTのようにハンドレンジを予測することは難しく、ジャンクハンドも多く含まれてきます。
このようなプレイヤーはフロップのボトムヒットやガットショットドローなど、少しでも何かあればコールしてくる傾向にあります。

◆リンパーへのアプローチ◆

リンパーと対戦する際に注意を払うべきポイントは以下のようなものがあります。

●リンパーの傾向
リンパーのプレイヤータイプもそうですし、リンプフォールド率(アイソレートに対してどれくらい降りるのか)やリンプ3ベット率(アイソレートに対してのレイズ)等も重要なスタッツです。
リンプフォールド率が高いプレイヤーにはルースにアイソレートできますが、リンプ3ベット率が高いプレイヤーに対してはタイトなレンジでアイソレートしなければなりません。

●後ろプレイヤーの傾向
まだアクションが残っている後ろのプレイヤーの傾向も把握しなければなりません。
もし後ろにルースコーラーが多く残っている場合、アイソレートレイズ額を増やす、もしくはレンジをタイトにすべきですし、3ベット率が高いプレイヤーやアイソレートするプレイヤーを標的にしている強いプレイヤーがいる場合もレンジをタイトにしなければなりません。

●スタック状況
有効スタックの状況も重要な要素の一つです。
有効スタックが深ければスキルエッジとポジションアドバンテージが大きくなる為、ルースにアイソレートすることができますが、有効スタックが小さければアイソレートレンジをタイトにする必要があります。

●ベットサイジング
リンパーの中には強いプレイヤーも存在しますが、レクリエーショナルプレイヤーが多くを占めます。
そのようなプレイヤーに対しては、とても単純ですがブラフは小さく、バリューは大きくという戦略が効果的です。
彼らの多くはベット額に関わらず何もなければ降りますし、何かあればコールする傾向が強く、パッシブであることも特徴の一つです。

●シンバリューベット
リンパーにはレクリエーショナルプレイヤーが多く、彼らは弱いドローや弱いペアでも2ペアやトリップスをドローする為にコールすることが多いです。
そのようなプレイヤーに対して特にフロップ、ターンでシンバリューを狙いに行くことが有効な戦略になります。
特にドローヘビーなボードではしっかりとバリューを狙いにいきましょう。

●ブラフ
リンパーは基本的にVPIPが高く、広く弱いレンジを持つ傾向にあります。
それはつまりフロップが開いた時点でまだ多くのジャンクハンドが残っているということになるので、フロップのCBは有効な戦略になります。
ですがフロップでコールされた場合は、エアーではない何らかのハンドを持っているということになり、ターンではフロップよりもフォールドしにくくなります。
ですのでリンパーに対してターン以降もベットをする場合には、ボードテクスチャと相手の傾向に注意を払いブラフは控えめにしましょう。