ポーカー動画 ハンドレビューPart4

Posted by / Blogs

今回もyoutubeにある ポーカー動画 の中から、興味深いハンドを選出してハンドレビューをしていきたいと思います。
今回紹介するのはPhil IveyとDaniel Negreanuのヘッズアッププレイです。
この動画ではIveyの高度なフロートとバリューベットを見ることができます。

ブラインドは15,000-30,000 A10,000です。

◇プリフロップ◇
BTNのIveyが :9h: :6s: で70,000にレイズして、Danielが :ac: :4c: でコールします。
ヘッズアップでは常にブラインドを払い続けている為、強いスターティングハンドを待っていることはできません。
特にBTNでは今回のIveyのようにかなり広いレンジで参加することになります。
それによりお互いのハンドレンジは広くなり、必然的にブラフも増えます。
その結果しっかりとバリューベット(シンバリューベット)をすることが重要になってきます。
Danielの :ac: :4c: はヘッズアップではかなり強いハンドなので、3ベットすることもできましたが今回はコールすることにしたようです。

◇フロップ◇
フロップは :3h: :qd: :qs: で、ポットは160,000です。
Danielのチェックに対してIveyが60,000のCBをします。
このようなドライボードでは基本的にQか3、もしくはポケットペアやAを持っていないと続けることが難しいボードなので、Iveyは小さめのCBサイズを選んだようです。

それに対してDanielが160,000にチェックレイズをします。
このようなボードでは、Iveyはほぼ100%の確率でCBをすると思います。
そしてそれを知っているであろうDanielにフォールドの選択肢はなく、今回はチェックレイズをしてベストハンドであろうフロップでこのハンドを終わらせることにしたようです。
それに対してIveyは9ハイでフロートします。
フロートについてはフロート戦術についてという記事を参考にしてみて下さい。

Iveyがこのチェックレイズをフロートする理由は3つあると思います。

①DanielのチェックレイズにQのトリプスがほぼないこと
このボードでQのトリプスを持ってれいば、Iveyが何も持っていないことがほとんどですし、アグレッシブなIveyのブラフを誘発させた方が利益的です。
ですのでIveyがドローイングデッドとなるQをDanielが持っている可能性はかなり低くなります。

②バリューのチェックレイズの場合でも、Iveyにはアウツがある
Danielがバリューとプロテクトでチェックレイズをしていた場合、Danielのハンドレンジとして考えられるのは、3のペアや22、44~88までのペアとAハイが主なものでしょう。
99はIveyがブロッカーを持っていますし、TT以上のペアは3ベットしていると思います。
そう考えると55以下のペアやAハイには2オーバーのアウツがありますし、それ以外でも1オーバーは生きているということになります。

③Danielのブラフレンジ
前述したように、Iveyはこのようなボードではほぼ100%の確率でCBをすることを考えると、それを知っているDanielのブラフレンジも広くなります。
そのようなレンジに対しては、ターン以降でポジションを生かしながら優位に戦うことができます。

このような理由からIveyはフロートを選んだのだと思います。

◇ターン◇
ターンは :6h: でポットは480,000です。
フロップのチェックレイズをコールされて、AハイしかないDanielはチェックします。
それに対して6のペアができたIveyは225,000をベットしました。

DanielがもしQのトリプスや77や88を持っていならターンもベットしてきているでしょう。
もし66を持っていたらチェックしているかも知れませんが、Iveyも6を持っているので考えにくいでしょう。
つまりこのチェックによってDanielは5のペア以下のハンドを持っている可能性が高くなりました。
Iveyのターンのベットは、それらのハンドからのバリューとプロテクトを兼ねたものだったと思います。

そのベットに対してDanielはAハイでコールします。
これはIveyのフロートを考えた上で、Aハイがベストハンドだと思ってのコールでしょう。

◇リバー◇
リバーは :8h: で、ポットは930,000です。
一応バックドアフラッシュが完成するハートではありますが、ほとんどラグといっていいカードだと思います。

Danielのチェックに対してIveyは400,000のベットをします。
Iveyはこのベットに対して、しっかりバリューベットという意識があると思います。
5以下のペアからAハイまで、もしかしたらKハイくらいまでのバリューベットかも知れません。
このベットは本当に素晴らしいバリューベットで、特にハンドレンジの広いヘッズアップではこのようなバリューベットが重要になってきます。
結局このベットをDanielはコールして、Iveyがポットを獲得しました。

高度なフロートとバリューベットを見ることができた、素晴らしい戦いだったと思います :good: