ポットオッズ について

Posted by / Blogs, Strategy

potodds2今回はポーカーにおいて使われる様々な ポットオッズ について考えていきたいと思います。
まず最初に ポットオッズ とは、ポットに関する確率のことで、ポットへの投資に対してのリターンなどを知る際に使われます。
ポーカーをプレイする上でポットオッズを理解することは重要です。
ここではポットオッズを考えるべきいくつかの場面をまとめていきたいと思います。

◆BBのコールオッズ◆

まずはBBのコールオッズを考えていきましょう。

●例
ブラインドは100-200 A25 8プレイヤー

UTGが2BBのレイズをし、BBまで全てフォールドでアクションが回ってきたとします。
この場合のコールには200必要で、コールした後のポットは1100(400+100+200+400)ですので、コールする為のポットオッズは約18%になります。
アンティが入っている分コールオッズが良くなっています。
2.5BBのレイズの場合には約23%、3BBのレイズの場合には約27%になります。

それでは仮にUTGのオープンレンジとBBのハンドを設定して見てみましょう。
equity

これを見ると、23sというかなり弱いハンドでも30%のエクイティがあることがわかります。
ですがここで考えなければならないのはポジションの有無による影響です。
BBにはポジションがない為、ハンドが持つ30%のエクイティ通りのポットシェアを獲得することは難しいです。

一般的にポジションがない場合には10%前後のエクイティが削られると考えることができます。
つまりこの場合、32sには30%のエクイティがありますが、それが20%前後まで減少するということになる為、基本的に期待値の低いコールになります。
そしてUTGのスキルレベルやアグレッションが高い場合には、BBが持つエクイティを実現することはさらに難しくなります。

◆オールインに対するコールオッズ◆

次にオールインに対するコールオッズを考えてみましょう。

●例
ブラインドは100-200 A25 8プレイヤー

BTNのプレイヤーが10BBのオープンオールイン、SBが降りてBBのアクションです。
この場合のコールには1800必要で、コールした後のポットは4300(2000+100+200+2000)ですので、コールする為のポットオッズは約42%になります。
これが5BBのオープンオールインの場合には、コールオッズは約35%になります。

それではここでもBTNのオープンオールインレンジとBBのハンドを仮定して見てみましょう。

potodds

このように仮定してみると、JToは5BBのオールインにはコールできても10BBのオールインにはコールできないことがわかります。
もちろんこれもBTNのオールインレンジによって、BBのコールレンジは変化します。
ルースな相手にはコールレンジを広く、タイトな相手には狭くといったようにアジャストする必要があります。

◆3ベットオールインに対するコールオッズ◆

次に3ベットオールインに対するコールオッズを考えてみましょう。

●例
ブラインドは100-200 A25 8プレイヤー

BTNのプレイヤーの2BBのオープンレイズに対してSBが20BBの3ベットオールイン。
この場合のコールには3600必要で、コールした後のポットは8400(4000+200+200+4000)ですので、コールする為のポットオッズは約43%になります。
それではSBの3ベットオールインレンジとBTNのハンドを仮定して見てみましょう。

potodds1

このように仮定してみると、KQsはギリギリですがコールできるオッズがあることがわかります。
相手の3ベットオールインレンジがこれよりもタイトな場合は、コールレンジもタイトにしましょう。

◆リバーのコールオッズ◆

ここではリバーのコールオッズについて考えてみましょう。
リバーでは既にハンドの勝敗は決まっている為、アウツを考える必要はありません。
単純に相手のハンドに対して勝っているか負けているか、コールするか降りるかを考えます。
このような場合にポットオッズを使うことによって、コールする為の必要勝率を算出することができます。

●例
リバーで1000のポットに対して相手が1000のベット。
この場合のコールには1000必要で、コールした後のポットは3000(1000+1000+1000)ですので、コールする為のポットオッズは約33%になります。
簡単に言えば相手がブラフしている可能性が33%以上あればコールすることが期待値プラスになります。
それ以外のポットオッズは以下のようになります。

○ポットの33%ベットに対しては20%のコールオッズ
○ポットの50%ベットに対しては25%のコールオッズ
○ポットの75%ベットに対しては30%のコールオッズ
○ポットの100%ベットに対しては33%のコールオッズ
○ポットの150%ベットに対しては37.5%のコールオッズ
○ポットの200%ベットに対しては40%のコールオッズ

これらのポットオッズはもちろんフロップ、ターンでも使うことができます。
ドローの場合はベストハンドになるアウツを計算し、オッズに見合うならコール、見合わないならフォールドといったように、プレイの判断基準にすることができます。