ベット とコールの成功率について

Posted by / Blogs, Strategy
potodds

今回は ベット の必要成功率とコールの必要成功率について考えていきたいと思います。

◆ベットの必要成功率とコールの必要成功率◆

ベットやコールをする際に考えなければいけないこととして、相手のハンドレンジや傾向、そしてポットオッズ等があります。
ここではその内のポットオッズを考えてみましょう。
ポットオッズによってベットやコールの必要成功率を知ることができ、それはアクションの大きな判断材料になります。

◇ベットの必要成功率

○ポットの25%ベットに必要な成功率は20%
○ポットの33%ベットに必要な成功率は25%
○ポットの50%ベットに必要な成功率は33%
○ポットの66%ベットに必要な成功率は40%
○ポットの75%ベットに必要な成功率は43%
○ポットの100%ベットに必要な成功率は50%
○ポットの150%ベットに必要な成功率は60%
○ポットの200%ベットに必要な成功率は66%

ベットの必要成功率はこのようになり、ベット額が大きくなればなるほど必要成功率は高くなります。

◇コールの必要成功率

○ポットの25%ベットに対するコールの必要成功率は16%
○ポットの33%ベットに対するコールの必要成功率は20%
○ポットの50%ベットに対するコールの必要成功率は25%
○ポットの66%ベットに対するコールの必要成功率は28%
○ポットの75%ベットに対するコールの必要成功率は30%
○ポットの100%ベットに対するコールの必要成功率は33%
○ポットの150%ベットに対するコールの必要成功率は37.5%
○ポットの200%ベットに対するコールの必要成功率は40%

コールの必要成功率はこのようになり、ベット額が大きくなればなるほど必要成功率は高くなります。
これらのポットオッズを基準にして、そこから相手のハンドレンジや傾向を加味してアクションを考えていくことになります。

ポットオッズによってアクションの判断をする場合、コール側は相手のベット額とコールオッズを考えてアクションを決めることになります。
ですがベットする側はベット額を自分で決めなければなりません。
基本的にはベット側のハンドレンジがバリューヘビーであれば小さいベット、ブラフヘビーであれば大きなベットという考え方になります。
つまりベット側のハンドレンジの中のブラフレンジの比率が高くなればなるほどベット額を大きくするということで、簡単に言えばベット側のブラフの可能性が高いので、大きなベットでコール側のコールオッズを悪くするという考え方です。
ベット額を決める際には、自分のハンドレンジの中のバリューとブラフの比率を考えてより利益的なベット額を導き出しましょう。