プリフロップ で気を付けるべきこと Part1

Posted by / Blogs, Strategy

preflop今回は プリフロップ で気を付けるべきことを考えていきたいと思います。

ポーカーというゲームは、プリフロップ➡フロップ➡ターン➡リバーと進むにつれて難易度が上がっていきます。
そして プリフロップ でのミスは、後のストリートでのプレイをより難しいものへと変えてしまいます。
ですので、初級者の方はまず プリフロップ でのプレイをしっかりと身に着けるところから始めてみましょう。

◇リンプイン
リンプインは昔からポーカーにおいて悪いプレイだと言われてきました。
その考え方は現在も基本的には変わりません。
リンプインが良くないプレイと言われているのは、下記の2つが主な理由です。
●プリフロップでポットを獲得することができない
●主導権を取ることができない

ポーカーでポットを獲得する方法は2つ、ショウダウンで勝つか、相手を降ろして勝つかです。
そして個人差はありますが、ショウダウンまで行く確率は20%~30%程です。
つまり多くの場合が、降ろして勝つか、降ろされて負けるかということになります。
そして降ろして勝つ為に必要になってくるのが主導権を取ることです。
主導権を取ることで対戦相手にプレッシャーを掛けることができ、各ストリートを有利に戦うことができるようになります。
その主導権を放棄してしまうことが、リンプインの最も悪い点です。
スタック状況やポジション(ブラインド付近)によっては、プロプレイヤーでもリンプインを使うことがありますが、使われる状況は限られています。
リンプインは基本的に利益的なプレイではありません。

◇ルースにプレイし過ぎる
例えば65sのようなスーテッドコネクターはついついフロップを見たくなってしまいます。
ですが、フロップを見たいが為に9人テーブルのUTGから参加するのは利益的なプレイとは言えません。
では65sでBTNからレイズインしたとしましょう。
BBから3Betをされて、それに対してコール。
フロップはボトムペアがヒットし、相手のCBに対して難しい決断を迫られます。
そのCBにコールしたとして、多くの場合ターンではさらに難しい状況になるでしょう。
つまりハンドが弱くなればなるほど、高いスキルが必要になるということです。
最初はしっかりとしたハンドでプレイし、徐々にハンドレンジを広げていきましょう。

◇タイトにプレイし過ぎる
ポーカーで一番扱いが簡単なハンドはAAだと思います。
特にプリフロップでは最強のハンドですので、AAが来たらレイズインをし、誰かのレイズに対しては3Betをし、さらに4Bet、5Betと可能な限りチップをポットに入れるだけです。
ですがそのようなプレミアムハンドだけを待って極端にタイトにプレイをするのは、多くの場合利益的とは言えません。
ブラインドによってスタックが削られていくことはもちろんですが、それ以上に良くないことはバリューを取り逃してしまうことです。
タイトにプレイし過ぎてしまうことによってこちらのハンドが相手に透けてしまい、相手がこちらのハンドに対してペイオフしてくれなくなります。
さらにそのようなタイトなプレイには簡単にアジャストされてしまい、その結果、小さなポットを勝ち、大きなポットを負けるというような展開になってしまうでしょう。
そうならない為にはこちらのハンドレンジを広げて、相手にこちらのハンドを読みにくくさせる必要があります。

◇ポジションの意味を知る
もしUTGからプレイする場合には、後ろにアクションを控えているプレイヤーが多く残っている為、こちらのレイズに対してアクションが起こりやすくなります。
そしてポストフロップでのポジションも悪い為、強いハンドが必要になります。
それに対してBTNではどうでしょうか。
BTNからオープンレイズした場合、後ろには2人のプレイヤーしか残っておらず、UTGからのプレイと比べてアクションが起きる確率が減ります。
そしてポストフロップでは一番ポジションが良い為、広いレンジでレイズインすることができるようになります。
このようにポジションによってプレイするハンドレンジを変える必要があります。
まずはポジションごとの基本的なスターティングハンドをしっかりと覚えることが大切です。