スタックサイズによって変化する バブル の考え方

Posted by / Blogs, Strategy

bubble今回はスタックサイズによって変化する バブル の考え方について紹介したいと思います。

バブル と一言で言ってもいくつかの種類があります。
ミニマムプライズのバブルやファイナルテーブルバブル、Day2バブルなどが一般的です。
基本的にはプライズが発生する、もしくはプライズが大きく変化する場面のことを言います。
上手なプレイヤーはこの バブル の状況をうまく利用し、後の戦いを優位に進める為のスタックを築きます。
それではそれぞれのスタックサイズによる考え方、戦い方を見ていきましょう。

◇ショートスタック
トーナメントにおいてショートスタックというのはいいものではありませんが、特にバブル時においては不利なスタックサイズです。
ショートスタックでできることは限られています。
まずは自分の立ち位置をしっかりと把握し、限られた選択肢の中で正しいプレイをしなければなりません。

MTTをプレイする上で、どこに目標を置いているでしょうか?
ミニマムプライズなのかファイナルテーブルなのか優勝なのか、それをはっきりさせた上でどのような戦い方をするかを考える必要があります。
残りのスタックが数BBなど、本当に少ない状況ではミニマムプライズを目指す方が期待値が高くなるでしょう。
そのような場合はプレミアムハンドも降りて、ひたすらITMを待つことになります。
これはバストするリスクを負ってダブルアップに成功したとしても、ファイナルテーブルや優勝に繋がるようなスタックを築くことが難しいからです。

ですが10BB以上のスタックを持っていてプレミアムハンドを降りたり、タイトにプレイしすぎるのは期待値が高いプレイとは言えません。
例えば10BB持ちのSBvsBBのブラインド対決で、リスクを回避する意味でSBを降りるようなプレイもそうです。
この場合、マージナルハンドでSBからオールインをすることはもちろん自分のスタックをリスクすることになりますが、BBには大きなプレッシャーが掛かりますし、そのオールインをコールするにはSB以上に大きなリスクを取ることになります。
MTTの場合はトップヘビーなプライズになっているので、ショートスタックでもあまりタイトにプレイしすぎるのはいいプレイとは言えません。
ポットを狙えるポイントを見極めて、スタックをリスクしていくことも必要です。

◇ミディアムスタック
このスタックでは、ショートスタックに比べてプレイの幅が出てきます。
ここで注意すべきなのは、テーブルの他のプレイヤーがバブルをどのように考えているかということです。
例えばバブルに怯えるプレイヤーが多かったり、チップリーダーがただITMを待っているような状況では、ミディアムスタックでもアグレッシブにプレイすることができます。
オンラインで言えば極端にタイトにプレイしていたり、アクションの度にタンクしてITMを狙っているようなプレイヤーには簡単にプレッシャーを掛けていくことができます。
特にショートスタックやミディアムスタックのプレイヤーには効果的です。

ただし、そのようなプレイヤーがオープンレイズや3ベットをしてきた場合には気を付けましょう。
その場合は間違いなく強いハンドを持っています。
さらにビッグスタックがアグレッシブにプレイしている場合も注意が必要です。
そのようなプレイヤーと戦う場合には常に難しいスポットでの勝負になるので、そのようなプレイヤーとの戦いを回避するものバブルでの戦術の一つです。

◇ビッグスタック
バブルでビッグスタックを持っている場合は、通常よりも大きなアドバンテージになります。
テーブル全てのプレイヤーをカバーしている場合、相手は常にバストするリスクに晒されていることになります。
大きなスタックを使って容易にプレッシャーを掛けることができますし、それを利用してさらに大きなスタックを作るチャンスになります。

多くのオープンレイズをして、他のプレイヤー(特にタイトプレイヤー)にプレッシャーを掛けていきます。
その際、ハンドは重要ではありません。
エニイハンドでレイズすることが正しいプレイになる場面が多くあります。
特にCOやBTNなどのスティールポジションからのレイズや、タイトでショートなブラインドへのレイズが効果的です。

このようなプレイはとても利益的ですが、一つのハンドに必要以上にチップを入れるべきではありません。
バブルのビッグスタックという鬼に金棒のような状況でも、全てのハンドでブラフができるわけではないからです。
多くのジャブを打つイメージでプレイしてみるといいと思います。