ショートスタック でのBBディフェンド Part1

Posted by / Blogs, Strategy

bb-defendショートスタック ではフラットコールをせずに、レイズorフォールドすべきだと長年言われてきました。
それは自分の持つエクイティを実現させることが、 ショートスタック では難しいからです。
ショートスタック ではアクションの選択肢が減り、約3分の2の確率でフロップをミスした場合には、ほぼフォールドしなくてはなりません。

ですが最近ではこの考え方が変わってきています。
特にBBというポジションでは、既に1BBの投資をしておりオッズがいいこと、自分がプリフロップで最後にアクションできること等の理由で、かなりワイドなレンジでBBをディフェンドするという戦略が主流になってきています。
今回はそれらの理由をさらに詳しく見ていきたいと思います。
有効スタックは10BBとします。

◇BBで :7d: :6d: を持ち、BTNからのミニマムオープンレイズにSBがフォールド
この状況ではBBに以下の3つの選択肢があります。

1フォールド
2コール
3レイズオールイン

まず1のフォールドですが、 :7d: :6d: というハンドはハイカードこそないですが、スーテッドコネクタなので扱いやすいハンドです。
ですのでこのハンドを降りるというのは、ハンドエクイティ的にももったいないです。

次に3のレイズオールインですが、この状況ではBTNのプレイヤーがショートスタックのBBに対してレイズをしていることからも、極端にルースにオープンレイズをしていない限り、こちらのレイズオールインに対して降りることはほとんどないと思います。
つまりこの状況では、10BBのオープンオールインを受けるのとあまり変わりありません。
ですのでこちらには相手からのオールイン要求に耐えられるハンドが必要ということなので、 :7d: :6d: では少し足りません。

それでは2のコールについて考えていきましょう。
BTNのプレイヤーがミニマムレイズなので、BBはあと1BBの投資でフロップを見ることができ、コールするオッズはすごくいいです。
そしてハンドはスーテッドコネクターなのでドローもできやすく、フロップのペアに加えて、ガットショット以上のドローでも相手のCBに対してアタックすることができます。
そして :ah: :kd: :qs: のような、こちらが完全にはずしてしまったフロップでは簡単にフォールドすることができ、プリフロップでオールインをした時と比べ残りのスタックを節約することができます。
そしてこのようなショートスタックの場合は、フロップで降りるか全部入れるかのどちらかなので、プレイは簡単になります。

同じ状況で30BBの有効スタックがある場合はどうでしょうか。
この場合も :7d: :6d: が扱いやすいハンドであることには変わりありませんが、10BBの時と比べてプレイが難しくなります。
例えば :kh: :10s: :6s: のようなフロップが出た場合、フロップにCBに対してコールはできるかも知れませんが、ターンに6か7が出なければ相手のセカンドバレルには降りることになります。
そしてスタックが深くなっている分、ポジションの不利も大きくなるのでショウダウンが難しくなり、自分が持つエクイティの実現も困難になります。

これらの理由から、特に10BB前後のスタックでのBBディフェンドは有効な戦略だと言えます。
次回はいくつかのボードテクスチャを例にとりながら、さらに詳しく考えていきたいと思います :bye: